【春日堂の「長崎カステラ」。おいしさの秘密は「クイーン卵」】

創業当初から「長崎カステラ」を作り続けている島田市の春日堂。

カステラ作りに大切な卵にはこだわりがあります。

今回は、そのこだわりの卵と、その卵を使った絶品プリンをご紹介します。

[1. 長崎県島原半島から届く「クイーン卵」 ] 

春日堂のカステラのおいしさの秘密。それは、「クイーン卵」を使用していること。

長崎県島原半島の大自然の中で飼育された、新鮮な鶏協直送の卵です。

クイーン卵を使う理由は「カステラに一番あっているから」。

カステラはしっとりした生地がおいしさのバロメーターですが、その生地にするために、クイーン卵がピッタリなのです。

以前は、静岡近郊の卵を使ったり、別の長崎の卵を使ったり、配合を変えたりといろいろと試行錯誤していました。                          

若い鶏、年をとった鶏、鶏が食べる餌によって卵の味も質も変わるため、これだ!と思うものを見つけるのも難しい。

しかし、このクイーン卵と出合い、今の「長崎カステラ」のおいしさができ上がったのです。

長崎カステラ 0.75斤(箱あり) 1,150円(税込)

長崎カステラ 1斤(箱あり) 1,500円(税込)

[2. 深みのある卵黄色の生地が魅力] 

春日堂のカステラは、深みのある卵黄色に焼き上がっています。それも、クイーン卵の特徴。  

作るときに卵黄を多めにしているのですが、ただ多めにするだけだと泡立ちが悪くなってしまい、おいしさが半減してしまいます。

絶妙なバランスを見極めてでき上がる「長崎カステラ」には、店主のこだわりが詰まっているのです。

[3. 春日堂のプリンはしっかり食感でやさしい甘さ] 

クイーン卵を使ったもう一つのオススメがお店で人気のプリン。

春日堂のプリンは、少し固めでしっかりした食感。

カスタードは口当たりのよい甘さで、カラメルの苦さがちょっぴりやさしいため、小さい子どももおいしく食べられます。

カスタードにカラメルを合わせたときのバランスのよい味わいが絶品です!

DSC_0196

プリン 180円(税込)

卵にこだわった春日堂の長崎カステラとプリンを味わいに、ぜひお店にお越しください!

アクセスはこちらから