【島田市で50年前から作り続ける長崎カステラ】

カステラといえば「長崎」が思い浮かびますが、島田市でも「長崎カステラ」を作っているお店があります。

しっとりおいしいカステラを50年前から作り続ける「春日堂」をご紹介します。

[1. 長崎から全国に広がったカステラ] 

15世紀から16世紀頃に、ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に、日本で独自に発展したカステラ。

古くから西洋文化が花開いた長崎から、日本全国へ広がりました。

鶏卵を泡立てて小麦粉、砂糖を混ぜ合わせた生地をオーブンで焼いた菓子で、今ではとても身近に食べられています。

[2. 島田市で作っている本場のカステラ] 

現在の春日堂の店主は二代目。

先代(二代目の両親)は、長崎県で菓子職人の修業をしていました。

親族が静岡県に住んでおり、「静岡でお店をやらないか」と誘われたことをきっかけに家族で静岡へ。

最初は静岡市でお店を始めましたが、その後、島田市に「春日堂」を開きました。

先代が長崎で学んだカステラなので、春日堂のカステラは本場の「長崎カステラ」の味なのです。

[3. 島田市以外に住む人にも人気の「長崎カステラ」] 

春日堂を訪れるお客様には、地元のみならず、遠方からの人も少なくありません。

以前に知り合いからもらってファンになり、島田市に遊びに来た際は必ず立ち寄ってくれる人、

島田市から転居したけど、春日堂のカステラが好きな人、などファンが多いんです。

「長崎カステラ」は全国発送も承っていますので、遠方の人への贈り物にもピッタリ。

ぜひお店でお声がけください。

[4. 営業時間は20時まで。お仕事帰りなどにもどうぞ。] 

春日堂の営業時間は、 9時から20時。

20時まで営業している和洋菓子店は、ちょっと珍しいですよね。

実は、お客様から「遅くまでお店をやってくれるとうれしい」と言われたからなんです。

お客様の要望に応え、店主も「やれるうちはやろう」と20時までの営業を続けています。

遅い時間に手土産として買っていくお客さんもたくさんいます。

お仕事帰りなどにも、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

アクセスはこちらから